400年前の珠洲焼

これは400年前に一度途絶える前の珠洲焼の陶片です。
先日近所の漁師さんが持ち込んでくれました。海岸沿いにまだあるそうです。
400年間海の中で丸みを帯びてしまいましたが珠洲焼の代表的な文様である叩き目がまだ残ったままです。
400年前にペシぺシと叩いて1200度まで焼いた珠洲焼・・・。なんだか不思議ですね~。
どんな人が作ったんですかね~?男性か女性か?もともとはどんな大きさのものだったのか・・なんて想像しだすと面白いです、しかしこんなに沢山どうするんだろう?先着でプレゼントとかするつもりなのかな??
e0085052_18135.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-04-07 18:01 | さかもと嫁の独り言  

<< 狂犬病予防注射の会場 ピッカピカ!の一年生 >>