雑誌 金澤 

10月号の金澤の取材で久しぶりに写真家の湯浅さんが来てくれました。写真家としての湯浅さんは2年ぶりで、友人の湯浅さんとしてはつい先日の東京八重洲での展示会にも来てくれました。なんか久しぶりに仕事をしてる湯浅さんを見ましたが・・・イチロー氏も、なんか緊張するね~と言ってしまうくらいピリピリ感がありました。いいね~仕事をする姿は! 10月号は2年ぶりの能登特集で、典座のほかにも、庄屋の館さん、さんなみさん、シャンボールさん、二三味さんなどなどいろいろ面白そうなところが出ますのでぜひ買ってね!
典座は器を楽しむ  という記事で、江戸末期から伝わる坂本家の器を少しご紹介してます。出来上がった父の茶室もワンショット入りますのでお楽しみに、イチロー氏と父の写真も入ります。湯浅さんの写真は的を得ているので私は好きです。今回の取材もカメラマンが湯浅さんだからお受けしました。能登鉄道の写真集で名前を知り、典座で展示会をしてもらってからのお付き合いです。ゆっくり話もしたかったのですが残念ながら私の方が金沢の県庁に知事訪問の用事があってそれもならず。なんで私が珠洲の陳情に??とか思ったのですがいい経験だし先月行ったとき知事の部屋は絨毯が柔らかいな~と感動したので、また絨毯を踏みしめてきました。やっぱり柔らかかったです(笑)  そんなこんなでバタバタした一日でしたがどうにか今日も無事終了です。
[PR]

by suzutenzo | 2009-08-18 22:03 | さかもと嫁の独り言  

<< 捕まった! 告知です、 >>