三崎町伏見 キリコ

9月21日 5連休のど真ん中、典座の地区のキリコ祭りでした!
例年ですと40名ほどのお客様をご招待して大騒ぎなんですが、今年はさすがに団体様が続くさなかなのでヨバレはなしにしました。それでもお神輿とキリコの担ぎ手の方にはお酒とおつまみを。
前日からお祭りのキリコを準備したり、旗を立てたりと地区のみんながソワソワ。キリコに書いてある文字は喜無尽(喜び、尽きることなし) で、裏の絵は父の描いた虎、昨年はイチロー氏の描いた龍。なぜか毎年典座の男性陣にお声をかけていただいてます。連休ということもあって普段こちらにいない後継ぎさんや、御兄弟などなど本当に各家庭にぎやかでした。典座の長男もキリコを担ぎに仕事を終えて飛んで帰ってきました。長女、二男君はすでに前日より浮かれてます。30年は着こんでいるキリコ羽をきて3人で走って行きました。
午後4時には典座にお神輿とキリコが到着、ヤッサーヤッサー!!と大声で玄関になだれ込み、ビールをがぶがぶ!すごい勢いでした。ヤッサーというのは 家栄える という言葉がなまったもの、ヤッホーとは違います。
夜12時ごろに入り宮です、入り宮とは神社にお神輿に乗ってきてくれていた神様をお返しすることです、神輿にのった神様の明かりとりがキリコの役目。伏見の入り宮は大変珍しい方法で、お神輿もキリコも麦の乾燥した穂をどんどん燃やし、その上を担いだまま走って火を消し、穢れを落とすのです。担ぎ手はそりゃもう 
熱い熱い!(と思います)夜中にも関わらずギャラリーも増えていき、爆竹もバンバンつけられ、太鼓も勢いを増し、若頭の合図で火渡りが始まります、すごい勢い!!!長男もヤッサーヤッサー!!と声を張り上げ走ってます、まだ火が危ないとキリコから降ろされた長女は不満げながらみとれています。
長男はダウンして寝てました。イチロー氏と私も大興奮で見ていました。今年はヨバレもなくゆっくりと入り宮が見れて良かったです。みなさんご苦労様でした。

e0085052_0243697.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-09-23 00:23 | ■我が家のニュース  

<< 16日ぶりの休み 初!松茸 >>