葬式ごっつお

お葬式の時にでる 厚揚げの丸ごと煮たのが食べたい! というリクエスト。
昔は冠婚葬祭すべて各家で行っていたそうで、その時にお弔いにきてくれた方々のためにつくった精進料理の代表選手?らしいです。とにかく丸ごと煮てある。
いまではなかなかお目見えしないそうです。お葬式をセレモ二ーホールなどで行うことが多くなったからかな?私も話には聞いていましたが、このリクエストは初めて・・。リクエストしていただいた方は、白山市の料亭 鈴置の旦那さん。はっきり言いまして緊張します。ご来店は2回目、一度目は開店間もなくのころで、もうバタバタの状態でしたが、今回は、なんとかいつもの精進料理ベースの珠洲の旬を食べてもらえたかな?と思います。でもやっぱり緊張・・。お平 という輪島塗りの椀いっぱいに押し込めた厚揚げ。典座で使うのは蛸島の紅谷豆腐さんのものです、おかみさんが自ら揚げてるのを見て知っているのでそれだけでおいしいと思います。柔らかいんだけど、もちろん煮崩れもなく綺麗に煮あがります。そのほかにもいろいろ料理はお出ししましたが、鈴置さんが一番に喜んだのはやっぱり厚揚げ。お~これこれ!!といって全部食べていかれました。そのほかの料理もすんで、 さて講習会です。といって厨房に入り今回も料理のヒントを実技講習。料理屋さんで使う 立て塩の作り方を教えてもらいました。なるほど~これが料亭の塩の使い方なんだ・・と感動。そうなんといってもこの鈴置さんは今ではご自分で松任にお店を構えていらっしゃいますが、前身は2代目つる幸さんの華板さんです。板長さん。2代目というと本当につる幸さんが大きくなっていった華やかなころだそうです、加賀料理の神様みたいな方。神様ですから器にも詳しい!そんなすごい人から直になにか習うなんて幸せもんだ!!
e0085052_15324460.jpg

どっさり炊いたので今夜は我が家も厚揚げ煮です。
e0085052_15333064.jpg

ここら辺だけの風習みたいです。もっそう飯といい勝負のボリュームです。
[PR]

by suzutenzo | 2009-09-29 15:34 | さかもと嫁の独り言  

<< 珠洲ビーチホテル 豆アジ釣り >>