3か月ぶりの窯焚

え~っと、とっても久しぶり?に窯焚でした。この間、灯油窯のほうは何度か焼いてましたが本焼きは3カ月あいてました。ご予約のみなさんお待たせしました。いろいろ窯の調子の事情がありまして。しかし今回は天気もいい中最後の火を止めるところもバッチリ!良かったよかった。二男君もお友達を窯場に案内して喜んでました。珠洲焼は1200度まで温度を上げて最後は戸口を泥などですべて塞ぎ、窯の中を酸欠状態にします。くすべる と言いますが、この戸口を泥でで塞ぐところがもう火事場の消火活動です。父とイチロー氏が頬っかむりをして耐熱の上着を着ているのをみると、一体何事だ??と思いますが確かにこの作業にはこの準備がいるな..と思います。二男君と友達君は うわ~火事だ!と大騒ぎです。 やく10分ほどで窯から黒い煙も出なくなるほど締め切り終了。
みているだけの私は 離れた所からこの時期の窯焚はあったかくていいな~!と喜んでます。父とイチロー氏は汗だくですが。
e0085052_971575.jpg
e0085052_973536.jpg

   
[PR]

by suzutenzo | 2009-10-30 09:07 | さかもと嫁の独り言  

<< 白鳥もきてます 7万人の人出 その2 >>