夕飯後

浴衣に着替えて、食事処へ。とにかく料理の説明よりもビールを下さい。4本開けてきました。ねぎ鍋が面白かったです、ものすごい大量のねぎと豆腐と豚。さっぱりしてました。食べて飲んで、来年は京都へ舞子さん体験をしに行こう!!と来年の予定をきめてたっぷり食べて温泉へ。少し離れたところにある温泉は時間も遅いからか貸切。泳げるよ~といいながら星のでた夜空を眺め、なんとなく家に残した家族に申し訳なく思ったりして・・・でもすぐ忘れますが(笑)さて!飲むぞ~!!と意気込んで部屋に。本館からわたり廊下で蔵へ行きます。この蔵は移築建造物で、2階建て。1階は12畳ほどの座敷に炬燵。2階は秘密の屋根裏部屋という感じのベットルーム。いままで行ったことのない部屋作り。計算と手入れの行きとどいた部屋。う~ん。感動。~っぽい宿、でないし、~風でもない。キラキラした安っぽさもない。女将さんらしき人もいない。派手な料理もない。でも建物にものすごい投資してるのが分かります。居心地いいわけだなあ~と置いてあるおみかん食べ食べ思いました。お風呂から帰って飲むはずが3人とも疲れてダウン。家にいるより早く寝ました。明日は晴れるかな・・。
e0085052_117099.jpg

朝、目が覚めて外の景色をみてみると裏は山、手前は以外にも住宅が数件。夜だったので分からなかったですが見えない工夫してある建物なんですね。部屋についてるデッキにでてみると猫が。クロというらしい、昨夜残したおつまみ、食べるかな?と投げるとだんだん近づいてきます。かなり大きい猫。典座のコロみたいなもんでお客様にかわいがってもらっているらしいです。
e0085052_11122953.jpg

でっかい!
e0085052_11124779.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-06 11:13 | 三水館編  

<< 2日目 北向観音 鹿教湯温泉 三水館到着 >>