白山に行きました

白山市の商工会議所が取り組んでいます白山百膳を食べて交流を深めよう!?ということで能登丼の提供店約30店舗が大型バス貸切で豆腐のコース料理を食べに行きました。
白山市で有名な堅豆腐をつかった料理でとにかく豆腐づくし。   豆腐カツや豆腐刺身(?ってことは冷ややっこ?)、おぼろ、・・終いには漬物の大根まで豆腐に見える始末。と、まあこんな感じでヘルシーな内容。楽しみにして朝も食べずに行った私のお腹は満足することなく帰りに何か食べよう・・と食事開始5分ほどで思ってました(笑)~づくしは難しいですね。~を食べたという記憶は有るんですが味はよくわからなくなりました、私だけだと思いますが。今回行って考えたことはこれです。レパートリー考えよ~っと。    というのも前日も典座ではお豆腐作って出してたから、大豆はもう食傷気味だったようです。         食後の座談会、能登丼の宣伝係の金七さんと白山百膳の宣伝係さんを中心に各店意見交換会。
機関銃のように話す白山さんに対して、能登丼の金七さんもたまに散弾銃を打ち出す格好でした。
石川県のハシとハシ、観光関連の悩みは同じはず、いかお客様を引っ張り込むか、いかに外貨を稼ぐのか?の話聞きたかったのですが残念ながらちょっと違う感じだったかな。郷土を守っていきたい、昔の料理を残したい、そのためには地元に生まれ育った自分たちが頑張らねば!頑張ってる私は幸せです!と白山の宣伝係さんは言ってました。いい話です。実際そうやってコツコツと企画運営していったらきっといつの日かいいものができてまた観光の街になるのかもしれません。頑張ってください。
ともかくお二人とも旦那さん募集です、と言ってましたので、ご興味のある方はご連絡ください。夢見る頃を過ぎた私は外来種、本当の意味での郷土愛はまだまだなんでしょうね~。能登丼イコール仕事です。能登はいいところですし、田舎だけど住めば都で多少の不便も目をつむれます。ここに嫁にきた外来種の私たちはいろんなシガラミもなく色々とチャレンジできる、その外来種をみてまたさらなる外来種、いわゆる旅の人、がドンドンと増えていったほうが面白いことになるかも知れません。
ただし受け入れる側の忍耐は必要です・・・とイチロー氏の顔がチラチラ・・。
なんて考えているのも何だし、こうなったらもう一観光客になって白山の眺めを堪能しよう!!見渡せば綺麗いでした白山の山々。背筋がしゃんとしたようです。
白山スーパー林道も石川県のほうは開通らしいです。紅葉の時期に行ってみたいですね。
みなさんも白山の山のお水でつくった堅豆腐、きかいがあったらご試食ください。
[PR]

by suzutenzo | 2010-06-02 14:54 | さかもと嫁の独り言  

<< 6月は蕗。 たにがわ しゅんたろう >>