年下の男の子

 思わずキャンディーズか??笑えるお題。
笑えるといえば引きつりながら笑えます。

ブログやテレビの取材なんかで私を知った方の中には、もしかして
典座の女将さんってやり手でデキル女なのでは?     と勘違いしてる方が居るのかも知れません。

特に、明らかに年下の男の子。
なんでしょうか、悩み相談のように色々なことを話してくれるうちは こっちもうんうん、なるほど~
大変だね~と親身になっちゃいますが、
毎回おんなじような悩み、ようするに仕事やめようか?とか 彼女とうまくいかない・・とか、
親が・・とか。珠洲は田舎で嫌だ・・とか

20代30代なのに、年寄りじみた暗い内容。私が若いころは遊ぶ時間が足りないとか、買いたいものが沢山でおかねが無い・
仕事もっと倒れるまでしたいとか こんな感じでしたが、
まじめなんですよね、結局今の子。

突拍子もないことができないのか、怖いのか、なんでしょう。

失敗上等でイイじゃないですか。自分でまいた種は自分で刈り取りしなきゃならないけど。

坂本さんやってますね~色々仕事作って、と言ってもらえるのはうれしいですが、
継続のために苦労はしてますよ~なんなら典座で仕事してみる?
小商人の苦労が見えますよ、といっても、無理です~仕事辞められません・・だそうで、
だったら今の仕事で倒れるくらいやれば?ですよね。

とかなんとか言いながら、年下の子供はかわいいもんです。
若いって素敵。

おばちゃんからのアドバイスは
やりたいことがあるなら とにかく考える前に やれ!!  です。
計画ばかりしっかりしててもだめ! やれ!!
30までには目鼻を付けて人生創っていけば間に合うとおもうよ。
やりたいことが、まだ見つかってないなら今の仕事で倒れるまでやれ!!
誰かが代わりに生きてくれることはなくて、あなたは誰の代わりにもなれない。

40歳50歳になってくると、若いころにいろいろ無茶なこともした人が魅力あるように感じます。
話してても 楽しいし、楽しいとその人の周りにはまた人が集まってきて楽しさ倍増。
ぐちぐち過ごしても、思いっきり生きても人生一回です。

とか言うことを、登場人物にウツや自殺者が多い、村上春木 ノルウェーの森 を再再再読して
考えました。

とにかく  やれ!!!
[PR]

by suzutenzo | 2012-10-02 09:47 | さかもと嫁の独り言  

<< 能登丼 販売用のTシャツ 大浜大豆のお弁当 秋編 >>