うぐいす

 うぐいすもようやく鳴き始めました。やはり三月は暖かいです。能登半島の春は一気に広がるような気がします。典座の庭は四月に入るともう花盛りです。紅梅、白梅、木蓮、やぶ椿などなど鮮やかなものです。毎年花の見ごろ時期をまって 花見茶会 を開いてます。今年は何時頃になるかまだまだ固い蕾、またご案内をお楽しみに。 ちなみに典座の周りには毎年うぐいすが大量に訪れます。朝から午後3時ごろまで。ホーホケキョ!の嵐。優雅に感じるのは始めの一月ほど・・。あとは鳴けどもなけども嫁の来ない哀れなオスうぐいすに同情します。声の良いオスから嫁が決まるようで、夏まで残るオスの鳴き声はなんだか可笑しな声です。 普通姿を見るのは大変難しいですが、典座では確実にその雄姿ごご覧になれますよ!
[PR]

by suzutenzo | 2006-03-07 13:44 | ■お料理のご紹介  

<< 初!オーストラリアのお客様 雅楽の演奏のみなさんは・・。 >>