門松

今年も母の友人ご夫婦が典座の竹林から太い竹を伐り出して来て、正月に欠かせない門松を作ってくれました。ありがたいありがたい!昨年は差し込んである葉ボタンやナンテンから根がでて長持ちしました。下の細竹で作った箱も手作りとは思えない出来です。砂を入れて太い竹をさして、ナンテンの場所を決めて、あしらいに葉ボタンや梅もどきを差し込む・・かくと簡単なんですがバランスが難しいそうです。今日のお客様からこの門松玄関を通ってもらい招運来福な新年を迎えてもらえれば・・とおもいます。朝早く映した画像なのでまだ土間の電気がついたまま・・今日は今年最後の窯焚の日ですのでず~~っと付けっぱなしなんてす。今夜はイチロー氏が徹夜です、明日の夕方火が止まります。今年はご注文が多くていつもの年より多く窯焚をすることが出来ました。正月の餅が食べられます(笑)
e0085052_8553564.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2007-12-27 08:55 | ■古民家空間のご紹介  

<< 珠洲は晴天なり いや~徹夜はきつい >>