渡り鳥

珠洲は能登半島の最果て・・ということは西日本でも最果て・・。大陸からの渡り鳥が休んでいくには格好の穴場なんだと思います、自然豊かだし、人は少ないし。昨年末には白鳥が大群で田んぼに押し寄せていて、車で横を通ってもはじめは、わ~!と歓声を上げながら通りました、んが!もうこの頃は風景の一部になりいるのが当たり前になってきています。今日は久しぶりに田圃の近くに車を止めてぼ~っと見ていたら、なんだか見慣れない鳥がぴゅ~っと飛んで来ました!よく見ると小さい鷹のようです。でも鷹がいるわけないし・・。よく見るとチョウゲンボウでした。ちょうど電線に止まったところを写しましたがすっごく遠くてなんだか分らないですね。昨年はよく野鳥を見ました、名前がわかるのではブッポウソウとか、カワセミとか。野鳥の会の方とも仲良くしてもらっているのでいろいろな情報を聞きます。コウノトリも来ていたらしいですよ、コウノトリっていうのはとても大きくて迫力あるらしいです。見たいな~!珠洲は人口よりも渡り鳥の方が多いと思う・・??もうすぐ佐渡の朱鷺も放鳥されるのでもしかして珠洲に住みついたりして
e0085052_19515466.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-01-08 19:57 | さかもと嫁の独り言  

<< 今日の精一杯 今年のほうらい >>