定番 フキノトウ揚げひたし

雪が降ったり、寒かったりして最近山に散歩に行きません。散歩とはいうものの野山の食材探しなんですが・・。どうしようもないときに訪れるお店があります。元珠洲駅を利用して地元の食材をすこ~しだけ置いているところなんですが、数は揃わないし、入荷もはっきり決まってない様子。でもね、少しだけで、本当に珠洲のその時期のものを・・と思うならここもいいと思います。能登食材で能登の地元料理を~が売り物のお店屋さんはいろいろあるだろうけど、能登食材だけってのは大変。細かい調味料なんか入れたら無理だと思います。私も能登の食材が光るように料理するのは心がけているんですがね~。典座は珠洲焼の窯元だからって珠洲焼ばかり並べてはいません。珠洲焼特有の黒を引き立たせるためにはあえて1枚~2枚使う程度です。人間もそうかも・・・どうそうなのかもってのは上手く言えませんが、この能登に能登の人間しかいなかったら・・・つまらないですよね?(そうでもない?) タイトルとは関係ない内容になりましたね。このフキノトウは大きさが1センチ四方のかなり小さいものです。文頭に出ましたお店で求めました。低温であげて出し汁につけてます。さかもと嫁の料理の先生である方にならったもの。すごくシンプル。でも春の味。苦くて・・と昔はたべれなかったものが何時からか好きになっている事はよくありますね。ビールも昔は飲めなかったのに・・・・・。
e0085052_13502546.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-03-01 13:50 | ■お料理のご紹介  

<< 珠洲焼のお雛様 旅立ちとか、春めいたもの >>