能登牛のための干し草

買い出しに行く途中で見つけました。これは能登牛の寝床や餌にするための作業です。大きい緑のだし巻き卵がゴロゴロと転がっています。北海道の風景みたい・・と思っていたら二男君がお母さんあれ緑の幼虫みたいだね!とにっこりして言います。あんな直径2メートルほどもあるでっかい幼虫がいたら困るな~。最近よく道路に出ている黒い毛虫、轢かないように運転してるとこっちが気持ち悪くなる・・あれはなんになるんでしょうね?やっぱり毒をもつ蛾の子供なんでしょうか?また里山学校の友達に聞かなくては!
e0085052_17462091.jpg

みてるとモ~と鳴きたくなるのはなぜ?
[PR]

by suzutenzo | 2008-05-18 17:47 | さかもと嫁の独り言  

<< 新嘗祭(にいなめさい) 路地栽培のイチゴ >>