たくあんの煮物

これってなんだかわかります?元たくあんです。昨年つけたたくあん、もう酸味が出てきているのですが、簡単に言うとこれを水だしして、昆布だしで酒粕と煮るんです。懐かしい味がします。尊敬している料理の鬼才、坂本さんから教えてもらいました。よく変人扱いをしあうのですが味の感性はすごいです。明日からの典座の仕事のためにこのひと品を教えてくれました。結局蕗の保存もそうなんだけど、本当の精進料理とか、お寺のお料理は超スローフードで一年つけて置くとか、乾燥させて何年でももつようにするとか、ず~っと先に繋がる仕事をコツコツとこなしていくことが大事なんです。お湯を入れて3分とかにはない食材の歴史というかそれを今日しみじみ感じました。前日にいいことに気づいていい気持ちで明日を迎えられそうです。よかったよかったチャンチャン。
e0085052_219991.jpg

ちなみにイチロー氏はこのたくあんの煮物、子供のころ食べさせられたそうで苦手だそうです。
[PR]

by suzutenzo | 2008-06-05 21:10 | ■お料理のご紹介  

<< 能登大納言小豆と能登南瓜のぜんざい アサツキの花 >>