カテゴリ:さかもと嫁の独り言( 626 )

 

大浜大豆のお弁当 秋編

5月にMROさんの親子体験ツアー in珠洲大浜大豆を育てよう  で植えました大豆がいよいよ
収穫に時期になりました。

そこで今回も典座にお弁当の注文がはいり、張り切って作ったわけです。

典座のお弁当は 地物の~を使ってください、など地元オーダーメードをご注文いただきますので
毎回中身が違います。
 沢山の量を定期的に・・はできませんが、
地元の、その時期のものをつかって!というのであれば お任せください。

というわけで、今回は大浜大豆をつかった秋弁当。
前回の春弁当は 大浜大豆いり能登牛ハンバーグ煮込みをメインに、切干大根、大豆サラダなどと典座の代名詞 岩ノリの爆弾おにぎり を2個。
でした。

今回の秋編は、大浜大豆のグラタン、さんま旨煮、ヒジキ煮、能登牛牛スジ、と栗ご飯&サービスで爆弾おにぎり。

前日から仕込みを始めましたが、当日も詰め込みで大騒ぎをして終了。

配達を終えて14時からは 日本酒まつり。
典座さーん、おつまみお願いします~。と声掛けをしてもらったら行かないわけにゃーいきません!!

とはいっても、販売はほとんどイチロー氏・・。能登路荘さんで行われました、1・2階を貸し切っての会場、
70種類の能登杜氏さんのお酒を一同に集めての 試飲会。
ドンドン飲むから、段々みなさんいい顔になってきてました。
イイですね、こんな感じのイベント。見ていても楽しそう。

秋はいろいろな催事があって楽しいです。今度はビール祭りがいいな~とおもう私でした。

e0085052_16313156.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-09-30 16:31 | さかもと嫁の独り言  

陶芸教室 in 小さい港のゲストハウス

 本日は典座お休みなり。
ゲストハウスにて過ごしました。

2階ではイチロー氏が陶芸教室の準備やら、なんやら・・。
何してるんだろう?と見に行くと嬉しそうにロクロを回してました。

ここでの初仕事だー!といいながらジョッキを引いてます。

そうこうしてたら、友人のむっちゃんが来ました。初ゲストハウスな彼女は ひっろー!!と連発。
そして初ロクロでぐいのみを引きました。
お初が2個。

気持ちいい浜風が吹いてなんともはや、私はいい気持ちでゴロンゴロンと1階の大広間で休みました。

このゲストハウス、実はこうやって休むための施設だったりして。
何にもないけど、誰も来ないし、ぼーっとできるのです。

来週はいよいよというか、やっとこ看板について考える週にします。
今週は来たるべき典座の一番忙しい10月について 考えないと。
本当にご予約が沢山あるし、バスも入っている、イベントもある、などなどバタバタです。
毎年のことなのでまずはゆっくり体制を整えます。

そしてゆっくりマツタケについて悩みます。今年はどうなんでしょうね~
e0085052_23264423.jpg

真剣すぎる2人の顔。
[PR]

by suzutenzo | 2012-09-24 23:27 | さかもと嫁の独り言  

典座 伏見のお祭り

今夜は典座がある伏見地区のキリコ祭りです。
キリコというのは能登半島地区で行われる祭りには欠かせない お神輿を先導する明かり取り。
アカバという男性の女装化により非日常を体現するという祭りです。あーむずかしい・・・。

まあこんな感じです
e0085052_19584543.jpg


イチロー氏、あえて若の前垂れ。どう見ても老だとの批判も聞こえないようです。これがアカバ。

子供が着るとカワいい
e0085052_2081362.jpg


家は母が着せてくれてます。
e0085052_2001448.jpg


キリコの絵は毎年書きかえられます。絵を描くのは地区の人。伏見は父とイチロー氏。
龍や。虎を交代で書いてます。
e0085052_2024780.jpg


今年は二男君も太鼓をたたき上機嫌。
e0085052_2033371.jpg


女将お疲れのため今年はヨバレはいたしませんでした。ごめんね~。
神輿のご招待のみ。
来年はド派手にやりますぜィ!
[PR]

by suzutenzo | 2012-09-21 20:05 | さかもと嫁の独り言  

小さい港のゲストハウス

 本日の北国新聞と、10月号の雑誌金沢、に掲載していただきました。
同じ風景でも写真を写す人でまったく違いますね。
でもどのような写真でも情報を流してもらえることはありがたいです。

雑誌とかだと記事の校正で内容が確認できるのですが、新聞は一発勝負。
本当は港の景色が入った写真にしてほしかったけど、北国新聞チックな映り方でした~
これから看板、チラシ、などなどこの施設を広めるために色んな媒体とのつながりをもっと持たなくては。

記事にもありました通り、イチロー氏の陶芸教室開講します。景色のいい2階で粘土と格闘してください。
只今2階の一室を準備中です。
生徒さんが来なくても、イチロー氏はこのゲストハウスで作陶しています。
私も典座の予約が無ければここで喫茶店してます。

 珠洲に楽にとまれるところあるよーということでよろしくお願いします。
農業体験や料理教室など、いろいろやってみようと思います。まずは能登牛バーベキュー大会など。
e0085052_995814.jpg
e0085052_9101074.jpg


どっちが友人ゆあp-の写真でしょうか?・・
[PR]

by suzutenzo | 2012-09-21 09:11 | さかもと嫁の独り言  

高岡古城 飛越能 食の祭典 新幹線カウントダウン・・

 先週は暑い暑い富山県高岡市にて第一回 高岡食の祭典 のご当地名物コーナーで能登丼。牛スジ丼
で参加してきました。
私、第一回のイベントが好きで、そこが城あとなんて言われたら必ず行きます!
今回も高岡古城跡だと聞いたもので即決。

 期待通りの景色、歴史背景を語る通りすがりの地元のおじ様 。何もかも期待通りでした。

天気も良すぎるほどでした~。あっつい・。

 2日間で892ハイの販売。チームすずなりさん大変お世話になりました。
途中でチーム能登丼も顔を出してくれて本当にうれしかったです。能登丼チームはやさしい。
能登半島からはほかに能登島ヘルシーバーガーさん。
e0085052_1204020.jpg


このイベントのなんで行こうかと思ったかというと上の理由のほかにもう一つ。
このイベント、実は高岡の商店街や、食の会の民間が行う。というところにひかれました。
県庁、市役所、JCも関わらずでも素晴らしい運営で、対応が早く、適切。
大変だったと思います。
凄いな!!・・でもどうしてか市長の挨拶もあり、新幹線カウントダウン・・とかいうのもありーの
ちょっとは行政がかかわったのかな?
どちらにしても、現場で汗をかいていたのは完全に民間の方でしたが。
 ご苦労様でした。なんでも来年も行うそうですのでお楽しみに。
[PR]

by suzutenzo | 2012-09-20 12:00 | さかもと嫁の独り言  

能登半島すず ウルトラマラソン

 10月21日。  なんと第一回能登半島ウルトラマラソンなるのもが開催されることになっています。
100キロマラソンだそうです。
100キロ走るんだそうです。
100キロ・・・って能登半島の珠洲 軍艦島から海岸をとおって曾々木のたるみの滝までのコースだそうです。
どうなってる??この長さ。
走りながら、珠洲の観光地を一気にめぐる感じで。当日晴れたらいいですね~。

大谷にできている典座の 新しい宿泊施設 小さい港のゲストハウス も当日ご予約が入ってます。
まだ宿泊施設が決まってない方ぜひどうぞ。
お問い合わせは典座まで。 0768-88-2657  です。

さて、そんなこんなでやっとこ、ゲストハウスの営業許可が出た私ですが、本当に大変でした。
申請の書類揃えるのに3カ月。
仕事の合間を縫っての保健所通い。
ほとんどイチロー氏が書いたのですが…笑

このゲストハウスで何ができるのか、ただの宿泊施設ではなく、色々な体験をしてもらうように
今後はメニューを組んでいきたいと思っています。
陶芸体験もそのうちのひとつ。この施設では、陶芸教室と陶芸体験を受け付けていきます。
今までも典座で食事をしてから伏見窯での体験もあったのですが、
ちょっと狭いんですね、工房が。
そこで、ゲストハウスの2階フロアーで広く海の見えるアトリエを作ります。
ここでイチロー氏と、新しいスタッフのほっしーちゃんが陶芸を指導したり、コーヒーショップしたり。
私はゴロゴロしたり。
こんなふうにも使っていこうと思ってます。

ただの宿泊施設じゃない、面白いとこにしたいと思ってますです。


e0085052_18495113.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-09-13 18:49 | さかもと嫁の独り言  

結婚式の招待状

  この年になってくると 減ってくる物の中に友人からの 結婚式の招待状があります。

ここ10年は無かったかも・・。
寿の切手は七色に輝いています。

田舎ではなかなか結婚ができない・・出会いが無いのでしょうか 近所にも沢山の独身男性が居ます。
両親と同居が無理? 自営は不安定? いやいやそうではないのでは?無いのは積極性では?
と心やさしい、おとなしい、能登の独身男性をみて感じたりもします。
 能登半島だけでなくどこでもこの嫁不足に悩んでいる地域はあるでしょうね。
能登の花嫁プロジェクトという、能登にお嫁に来ませんか?または移住しませんか?
という前に、能登の男塾を開催したらいいのでは???
と思ってしまう私です。

この友人は、遠くから ご両親同居、自営、と色んなハードル?を軽々越えて石川にやってきました。
旦那さんも頑張ったけど、嫁に来ようと決めたのがエライ!!


今後も頑張って行こうね みえちゃんがんばれ!!
e0085052_1232870.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-09-01 12:03 | さかもと嫁の独り言  

底引き解禁

 お待ちかねの底引き網漁が解禁です。
これから色々な魚が市場に出荷され、色んな魚が店頭に並びます。

はたはた、あんこうなど私の好きな魚も揃ってくるし、色んなものが作れるな~と楽しみ。

典座イベント部隊からのお知らせです。
明日、9月2日  金沢 食肉流通センター で、いしかわお肉フェス が開かれます。
ここで 典座は100食限定の 能登牛ビビンパ を販売。 はっきりいって初めてのイベントらしいので
全く来場者は見込めないと思います!

場所も、お肉関係者しか知らない場所です。

でもまあ、とりあえず能登丼の宣伝のために行ってきます。

近郊にお住まいの方、是非お越しください。10時から16時まで、かき氷、アイス、オムレツ、コロッケなどいろいろ出てくるようですよ。
e0085052_10442884.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-09-01 10:44 | さかもと嫁の独り言  

ふくちゃん

昔からの読者のみなさんは、ふくちゃん 覚えてますか?
他所から珠洲に来て 山の中に家を建てたい!!って事で自分で木を切り出したりして奮闘していた 私達夫婦の大事な友人。
残念ながら家を建てるまえに冬が来て諦めて小豆島にて生活を始めたふくちゃんが、なんとお父さんになりました!!

鹿のようなきれいな目をして,ドリンク剤を飲む私を怒り、体か可愛そうだよ!!疲れたら休んで!! といってくれた ふくちゃん。 典座の古いお皿を大事だ、と話したら皿は皿だよ。と笑ってたふくちゃん。 ふくちゃんは本当に欲が無くて、こっちが心配するほど。
でもお父さんになって奥さんと赤ちゃんを 一緒に小豆島から連れてきてくれた 、嬉しいです。本当に本当に 幸せになって欲しい。少しは欲がついたかな?


今度は小豆島に行きたいな。と思う私。思えば仕事も無く、住む所もなかったふくちゃん、その人柄ゆえに珠洲の色んな人に愛されていまでも、ふくちゃんどうしてるかな?と思われる。名前のとおり福ちゃん。

ふくちゃんの、おくさま。どうか
ふくちゃんと赤ちゃんと幸せに。ふくちゃんを宜しくね。なにかあったら連絡下さい。
家でお世話した若い方が、いつかこんな風に帰ったらいいな、とねがったら叶いました。
つぎは なおちゃん?期待せずにいます。(笑)
[PR]

by suzutenzo | 2012-08-27 21:53 | さかもと嫁の独り言  

実家に帰らせていただきます。 

 先日、実家に里帰りしました。
日帰りのお墓参りです。  珠洲を出発で5時間弱で新潟県糸魚川市能生町に到着。
あ~くたびれた。  子供たちは車でグーグーねているし、イチロー氏は窯焚真っ最中。
私もこの日しか空いていなくて  お盆は過ぎていたけどお盆期間と同じ8月ってことで、なんとか・・・と仏壇のなかで笑っている父の写真に申し訳。

約1年ぶりに会う母は段々と痩せて小さくなっていました。74歳。背の小さい母ですが、その小さい背中に担いだ孫は6人。
家業の関係で、連休や正月は必ず孫たちは一斉に実家に集められて母の監視の下楽しく過ごしていてくれました。
 あのころが一番忙しかったね~という母の言葉に うなずく私。

 まさか石川の能登に嫁に行くなんてね~という母の言葉に うなずく私。

 こんなに帰れないなんてね~という母の言葉に うなづく私。

なんとなく 自分の親はいつまでも元気で、いつまでも親で、いつまでも見方で、ずっと生きていてくれて・・・
なんて思っていた12年前に父が急死してから 母の近くにいるどころか離れて生活してそして顔を見せるのは1年に1回ほど。年ととる母の姿を見たくなかったのかも知れないです。
 
遠いから、忙しいから、疲れたから・・・などなどいろんな理由をつけては行くのを先送りにしていた私。
どれも自分の都合のみ、でもそんな理由を並べたてる私に 体を壊さないようにね・・とだけ言ってくれて

でもとりあえず、今回も明日は昼食の予約があるから ・・といって滞在時間約2時間でとんぼ返り
子供たちを実家に預けて 能登に向けて帰ってきました。
また5時間ほどノンストップで運転して珠洲には夜の10時近くになって到着。
あ~遠いな。

県外から嫁いできている友人と今日バッタリとスーパーで会い、グッとくる一言を言われました。

彼女も1年に1回の帰省がやっとの自営業のお宅です。

年に一回しか戻れないで、母が74歳、この調子でいくと元気なお母さんに会えるのはあと数回だね・・
お互いにもっと顔を見せに行かないとね・・

なんだか がっつーん!!!!

ああ、そうだいつまでも、いつまでも元気な人はいないんだ、母に会いたくても会えなくなる日は
必ずやってくる。
自分が時間を作らないと 必ず後悔してしまう。

遠くに嫁いでいるかた、私と同じ思いの方はいませんか?

思いついたら こう言いましょう。

 実家に帰らせていただきます。

だって大事な親に会えるのはあとわずかなんだから。

ということで、イチローさん、ちょこちょこ家を空けますがあとはよろしく!!
[PR]

by suzutenzo | 2012-08-22 19:51 | さかもと嫁の独り言