<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

お祭り御重箱ご予約賜ります

今年ももうすぐ能登のお祭りシーズンが始まります。今週末は能登町あばれ祭り、20日は飯田の灯篭山祭り。今年もオードブルするの?とお客さまからの問い合わせも多く、オードブル商戦参加3年目の典座は昨年までのいわゆるプラスチックの使い捨て容器をやめました。お祭り後も使っていただける木の容器になりました。大きさも7・5寸で2段、冷蔵庫に入れられますので暑いお祭り時期でも冷蔵保管できます。値段は税込み5250円、8400円です。写真は2段5250円のものです。手作りですので1日10個限定になります。お子様用もご用意できます!こちらは3670円です。エコな典座のお祭り御重箱よろしくお願いいたします。
e0085052_13312699.jpg

内容は変わります。嫌いなもの、アレルギーものあったら抜きますから御注文の際にご相談ください
[PR]

by suzutenzo | 2008-06-29 13:31 | ■お料理のご紹介  

長女走る!の巻

少し前の記事でうちの長女が逃げ足が早く陸上の県大会に出ることを書きましたが、本日はその県大会です。奥能登からえっちらおっちら家族で応援に出かけて行きました。大きい競技場でなんだかこっちが緊張するような感じでした。いよいよ出番ともなるとイチロー氏も長男も二男君ももちろん私もソワソワ400mのリレーアンカー、ゴールの目の前での応援に熱が入ります。結果はビリではないものの決勝には進めずでした。でも頑張った子供の笑顔は見ていても気持ち良いものでした。練習も真っ暗になるまで毎日頑張っていたし、逃げずに頑張る!大事ですね。どうにかして楽して・・とか他の人に任せて・・とかありがち事、今日は大人として反省しました。始めたら終わりまでやる!人間の価値はここだな~と。難しいですけどね。
e0085052_22322185.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-28 22:32 | ■我が家のニュース  

ジャガイモ畑

これが典座のジャガイモ畑です。じゃがいもは1列だけですが、みかん箱で10ケース程の収穫でした。右側が空いてますね~来年こそは何か植えます・・。きっとジャガイモですけど
e0085052_1226652.jpg

4月に3人で植えたので収穫も3人で。イチロー氏も途中参加してくれました。ポーズを取りたかった二男君は顔が隠れてますね・・。小さいジャガイモは給食で煮ころがしとして登場予定です。
[PR]

by suzutenzo | 2008-06-23 12:29 | ■我が家のニュース  

ライダーシューズ

能登にある教習所に自動2輪の安全教習を受けに行ってきました。約20年ぶり・・免許はあるもののもう素人同然。先生がハイまず乗ってみて!というんですが、あれ?どうやって動くんでしたっけ?という感じ。先生も呆れて、まずはスクーター乗って場内2周してみて・・。私もそれの方が安心・・と思いこれまた20年ぶりにスクーターに乗り風を切ってみました。うんなかなかいい感じ、そうそうこんな感じだわ!と次は400の教習バイクに乗り換えましてクラッチ練習から。フムフムなるほど、これが1速、これが2速・・ブレーキはこれね、ハイハイ、ウインカーはここでホーンはここ。よしなんとなくわかったからとりあえず乗りましょう!と張り切って場内へ。そのうち体も慣れてきてどうにかこうにか1時間終わりました。先生は、坂本さんもう1時間どう?と誘ってもらったんですが、また来週にしてもらいました。慣れたつもりが降りたとたんに足がもう重い・・。冷汗も出てまして・・。しばらく通うことになりそうです。実は長男がバイクを買うんですが珠洲での管理を任命されまして、車種はゼファー400だそうで。その話をしに友人のyちゃんの所に行きましたら昔走り屋だった彼女からライダーブーツのプレゼントをいただきまして。どうもありがとう!がんばってはやく公道に出てきます!
e0085052_20405672.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-20 20:41 | さかもと嫁の独り言  

典座の新じゃが

今年もどうにか収穫できました。4月の中頃に植えたジャガイモの種からたくさんの収穫。ありがたやありがたや。植えただけで出来上がるという本当にありがたい食べ物です。あれだけヨガに通ってもあんまり汗が出なかった私が俯いた鼻の先から汗が流れおちてくるほど労働の汗をかきました。収穫したジャガイモの上にカマキリの子供が果敢にも私にカマキリ拳法を!
じゃがいもの畝の横には大浜大豆の畝を一列と、2色のはんだ豆を一列植えてあります。大豆たちの方はまだまだ秋まで収穫の楽しみは味わえないですが。ここの畑は今は農家のご夫婦に管理を頼んで作物を作ってもらっています。かなり年配なのでこの先はどうなるかわかりません。1年ほっておくともう大変な荒れ方するだろうし、なるべく私も何か植えていかなくては!と思うのですがなかなか・・。25m四方ほどもある畑どうしましょう。そういえば珠洲に来た頃には珠洲の若い奥さんたちは全員家の畑をしているもんだと思っていました。こんなにのどかなところはそうに決まっている!と勝手に思っていたのです。しかしそんなはずもなく他所からきた私の方が今では畑かよう機会がおおくて・・。実家の母は驚いています。私が作ったジャガイモ???と・・。
e0085052_20222594.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-20 20:23 | さかもと嫁の独り言  

酢、食べてます?というか飲んでます?あんまり飲まないですよね・・。むせるし。でもこの酢はちょっとそこらにあるのと違いますよ!京都の千鳥酢 と言うんですが飲める!のど越しがいいのでむせないのです。典座で使う酢は開店当初からこれなんですが能登半島では売ってません・・金沢にあるお店まで買いにいくんですね、昨日もイチロー氏が展示会の搬入でいったのでついでに買ってきてもらいました。体が硬い私はどうにかなるかも・・と冬場はスポーツクラブにいってヨガなんぞをしていましたが、春から忙しく全然いけません。とりあえず酢を飲んでいたらまだいいかも・・と思い良く料理に使うようにしています。効果はいかに??健康に気を配るパートの米田さんがどくだみ茶の作り方と、にんにく卵黄の作り方を伝授してくれたのでこれからどくだみ摘みに行ってきます。
e0085052_14153275.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-18 14:13 | ■お料理のご紹介  

黙祷

先日の東北での地震で亡くなられたかたの中に、知人の名前がありました。言葉は出ませんでした。私の実家の新潟で共通の知人がいてその知人も早くにお亡くなりになりお互いにゆっくり仕事していこうね!と先日遊びに来てくれたときに話したばかり。こんなにも突然に偶然の塊の状況でたまたま出かけていたところでの最後でした。仕事柄よく話すかたで、前向きで気さくで・・。私にもいつその時がくるのか分かりませんが、一生懸命生きなければ・・と思いました。どうか皆さん毎日仕事が大変でも、人間関係に疲れても、一生懸命生きてください。大事にこの命を燃やしましょう。生きていたくてもできなかった、そんな命に恥じることなく。この地震での犠牲者の方に黙とうをささげます。
[PR]

by suzutenzo | 2008-06-16 13:47 | さかもと嫁の独り言  

すり割り汁

初夏のメニューに欠かせないのがこの青豆のすり割り汁です。冬季でも大豆でできるんですが、この青豆の味がなんともいいので典座ではこの時期のものにしています。すり割り汁ときいて、それ何?と思う方もおられると思いますが、これはいわゆる呉汁、豆を擦ったものを味噌汁にいれるというもの。栄養もばっちりですし、疲れた時はこれでご飯を食べると内臓がホッとしてるような気がする味噌汁なんです。よく呉を混ぜてしまう人がいますが、典座ではスフレのように浮かべて鍋で蒸す・・といった感じですのでふわふわです。これから夏祭りも始まるし、これでしっかりごはん食べとかないと乗り切れない!?かも。
e0085052_14532666.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-14 14:53 | ■お料理のご紹介  

最大数のお客様

今日は典座始めて以来の最大数のご予約でした。49名様いらっしゃいませ。全員御膳で・・というリクエストでしたが、いったい典座にはどのくらいの御膳があるのか不明だったので蔵で数えてみました。その数100はある・・とこまで数えて面倒になりやめました。昔は冠婚葬祭はどこでも自宅でしていたそうで、足りなければ貸出もしていたんだとか。すごいですね~というかその時代に嫁に来ていなくてよかった。いつものお手伝いのおばさんのほかにも2名。そして久々に福ちゃんも来てもらいどうにか無事に用意も整い、食事を済ませてお帰りになられました。
いや~案ずるより産むがやすしでした。これからも御膳料理はいいかも。この建物にも合うし料理にも合う。今度ご予約いただいたら聞いてみます。どっちが良いですか?と・。
e0085052_17535984.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2008-06-12 17:54 | さかもと嫁の独り言  

織陶苑 2人展20周年記念展示会

今年もこの時期がやってきました。6月18日から23日まで金沢の尾張町 画廊プラザ樹さんで父と母の2人展が始まります。今年で20回目です。そして父と母の2人展はこれで最後になるんです。これからは父とイチロー氏の2人展になることになりました。母の爪織つづれ錦は過酷な仕事です。細かい模様を細い国産の絹糸で織りこんでいく・・だんだん目が悪くなり、仕事中はものすごいビン底メガネをかけてます。あとはゆっくりと注文の品だけを織っていきたい、作品がたまったら1人でのんびり個展をしてみたい、ということで父を師匠としてきたイチロー氏が次回から登場です。みなさんもお時間ありましたらぜひこのつづれ錦という織物をご覧になってみてください、国産の蚕からとった絹糸、これを使い爪で掻き込んで模様を織っていき、裏も使えます、帯だと3代母子で使うことのできる本物です。そして母の魂のこもった織物です。
[PR]

by suzutenzo | 2008-06-07 22:56 | ■我が家のニュース