<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

大雪です。

昨夜から20センチほどの積雪です。いきなりこんなに積もらなくても・・・と、ぶつぶつ。
雪が降ると異常にテンションの上がる犬たち、そして二男君。雪の中で遊ばなくても・・・とぶつぶつ。
雪の中、羽田便が無事到着、能登空港はこんな雪くらいへっちゃらさ!。これには小言はありません、典座の予約のお客様も無事に能登に到着してくれたし。良かった~。しかし今でもまだ降り続く日本海側ですが、家の中にいても仕方ないので、散歩に連れて行け~と鳴いている犬たちを連れて長靴履いて出かけました。いや~サムい!!でも気持ちいいです。雪の中はものすごく静。音が雪に吸収されてるのかな?長靴の音と犬たちの、息遣いだけ聞こえます。春にタケノコを掘る竹林は、絵のようでした。この世から色が消えて、椿だけが色を持っている・・ような妙な感じです。みとれていてうっかり脱走したナナ、この静かな世界も コラ!!ナナ!!という自分の声でぶち壊しましたが・・・・。しかしどうして犬は雪が降るとこんなにうれしいんでしょう?
e0085052_181545.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-18 18:15 | さかもと嫁の独り言  

みさき小学校 陶芸体験

珠洲には珠洲焼という立派な伝統工芸があります!それを子供のうちから誇りに思ってもらおうとたま~にイチロー氏は陶芸の先生になりに学校に行きます。今日は二男君の通う学校です。そう相手は1年生。人数は21人。敵は多い・・。まず説明をあんまり聞かない!質問の嵐をおこす!・・・・では粘土を配ります、の時点で私はまだもらってないだの、僕のは粘土が小さいだの。でも、相手は1年生、根気よく机を回ってお皿作りを指導します。丸だよ、といっても僕は三角にする~私はハート型~・・・・・・。だ~か~ら~丸なんだよ~!と言いたいのを我慢して、そうね、三角もいいよね、と笑顔の私。いろんなタイプの子供たち。神経質そうに創る子、すぐに飽きる子、友達のを見てまねする子、それでもみんな書きたい文字や、文様をいれてどうにかできました。二男君は・・・僕はさ~慣れてるからさ~、とか言いながらウロウロして遊んでいたのでなかなかできずに慌ててました。この中からものすご~い才能ある陶芸家が誕生するかもしれません。
e0085052_188565.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-16 18:08 | さかもと嫁の独り言  

悪い癖

でた!またもや悪い癖・・。なにかって?それはがらくた集め。人からみたら何の意味のないゴミ。でも私にしたらなんというか、いてもたってもいられないお宝!市内にある古い料理屋さんのお屋敷が壊されてるのを発見!!横を車で通ってまた戻って・・。全く面識のないご主人にお願いして、いるものあったら持っていっていいよ!とオッケーをいただき、いざ取り壊し中のお屋敷に潜入。残念ながらすでに何日か前から作業はしていたらしく、中はすでに柱と床板の世界。でも、やさしい業者さんがほしいものあったら綺麗に抜いてあげるよ、と言ってくれたので、遠慮なく変わったスリガラスの戸やノスタルジックな電気傘、くぎ隠し、などなど大喜びで車に運んで行きました。あ~嬉しい!なんかものすごい嬉しい!何に使うのかなんてどうでもよくて、こんな古くてもう次は作れない、そんなものが好きです。しかし建物はまだ新しく、壊すのが本当に惜しい!明日もおいで!と言ってもらえたのでぜひ、行こうと思います。目を付けているのは階段の手すりです。太くて、細工の彫ってあるもの、以前は賑やかな宴会など2階の大広間で行われ、この手すりにつかまって人が沢山行き来したんだろうなと思います。大通りは道を広げたりしてどんどん新しい今風なんだけど、クラシカルな、なんちゃってお屋敷が立ち並んでますが、この土地の景色には合わない気がします。どこまでいっても、安いなんちゃってお屋敷・・市内の本当の屋敷はもう無くなって行くんでしょうか。なんてかっこいいこと思いながらイソイソとお宝を運んでいると、家人の冷たい視線・・。またどこからか拾ってきたな!という感じ。ははは
e0085052_17543989.jpg
e0085052_17545912.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-16 17:55 | さかもと嫁の独り言  

来年の干支は 寅

干支の珠洲焼シリーズ来年は寅です。ガオ~と声が聞こえてくるような、いい顔の寅が工房に並んでます。
父のロクロのほうには囲炉裏に下げる鯉のカギ。こちらもいい顔です。典座の座敷にもかかってる鯉の自在鉤、一見木彫りのような・・・でもやはりここは珠洲焼でしょう?!なんだかまだ気温も高くて年末ではないようで、インフルエンザも少しは落ち着いたのでしょうか、それともどちらも小休止なんでしょうか。
ともかく元気に年末年始を過ごしたいもんですね。来年は長男が成人式、羽織にするかスーツにするか。女の子のお宅はとっくにレンタルに予約済みだと思いますが、男の子は呑気なもんです。
e0085052_10252460.jpg

にゃおー!
e0085052_10254232.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-12 10:25 | さかもと嫁の独り言  

大納言小豆と大浜大豆

料理の勉強会に行ってきました。主催は珠洲市役所のなんとかセミナー、年に何回か経営セミナーの講師の方を呼んだり、地元の食材を使っての料理教室を開いてくれたりします。昨年は服部栄養学園の教授が2名来てくださり典座で昼食後、市の施設を使って大納言小豆をつかったスイ~ツを何品か教えていただきました。今年は松任にある割烹宮川さんの社長と板前さんが2名で教えてくれました。和食中心で大浜大豆を使った豆乳レシピ、今、季節のレンコン料理、その数8品。美味しかったです!!そして分かりやすいないようです。分量は一応レシピに書き込んでありますが、洋菓子と違って何グラム、とか何CCとかが厳密ではないのです、様子をみて、とかアジを見ながら、とかなので修正がきくんですね、洋菓子は一発勝負のようなとこがあって、ガスレンジにいれたらあとは神頼みな私、和食作るほうがあってるようです。美味しい昼食といままでしたことのない料理が覚えられてラッキーな会でした。
e0085052_1293289.jpg

れんこんとタコ
e0085052_1295382.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-10 12:10 | さかもと嫁の独り言  

小布施町到着

最終目的地!? 長野県小布施町に到着。ここは栗の落雁が有名な 桜井かんせい堂さんや、典座でもお出しすることの多い、エンドウ豆の落雁で有名な竹風堂さんの大きい店舗があります。小雨が降る中ものともせず3人でウロウロ。ガイドブックで見て行こうと決めたエルバートというアイスクリーム屋さんでこんなに寒いのにアイスを購入。店も寒いから車で食べました。美味しい!あっさりしている甘さが良かったです。私は牛乳アイス。これはクルミのアイス。
e0085052_9331487.jpg
e0085052_9335191.jpg

葛飾北斎館がありまして、せっかくだから!と入場。よく見る波の絵ばかりかな?と思ってみたら美人画、風景画、魚の解体画、などなど面白いものが沢山、撮影禁止なのでお見せできませんが・・。この旅で唯一高尚な内容のウロウロです。小布施町というところはやはり観光の町という意識が高く、街並みもきれい。いかにも町を創った感はありますが、周りのリンゴ畑やクルミの畑、普通の住宅なんかがほど良く気取った感じを消していたような気がします。ここでもお土産を買い込んで、さて、帰りましょうか。
小布施SAから上信越道に乗って一路石川へ・・のはずがちょっと!長野といえばおやき、おやき食べてない!!とブーイング。SAでそれぞれ買い込んでしっかり食べて、今度こそ帰路につきました。あ~楽しかった。長野県よさらば!
e0085052_9552440.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-07 09:55 | 三水館編  

2日目 北向観音

たっぷり寝まして元気いっぱい!朝風呂にいったチームと部屋でゴロゴロしてる私に分かれました。
床暖房は気持ちいいな~もう一泊したいわ~などと思いながら、朝ぶろチームと朝食を済ませて出発!
今日は善光寺と対になっている上田の北向観音に参詣予定です。両方に参詣して初めて現世、来世にご利益があると言われています。私もはじめてのお寺です。三水館のかたから聞いた細い道をウネウネと行くこと30分ほどで到着しました。ひなびた温泉街になっています別所温泉というそうな、温泉まんじゅうも売ってるしかなり私好みです。坂を上がり川の向こうに見えました。なんだか小さいけどご利益ありそう。
e0085052_92121.jpg

愛染かつら、という古くて大きい樹木もありました、愛染かつらって昔の映画か何かにあったような。
e0085052_9243625.jpg

お参りもすませて、友人一同に温泉まんじゅうを買って、次の目的地小布施町へ出発!
[PR]

by suzutenzo | 2009-12-07 09:26 | 三水館編  

夕飯後

浴衣に着替えて、食事処へ。とにかく料理の説明よりもビールを下さい。4本開けてきました。ねぎ鍋が面白かったです、ものすごい大量のねぎと豆腐と豚。さっぱりしてました。食べて飲んで、来年は京都へ舞子さん体験をしに行こう!!と来年の予定をきめてたっぷり食べて温泉へ。少し離れたところにある温泉は時間も遅いからか貸切。泳げるよ~といいながら星のでた夜空を眺め、なんとなく家に残した家族に申し訳なく思ったりして・・・でもすぐ忘れますが(笑)さて!飲むぞ~!!と意気込んで部屋に。本館からわたり廊下で蔵へ行きます。この蔵は移築建造物で、2階建て。1階は12畳ほどの座敷に炬燵。2階は秘密の屋根裏部屋という感じのベットルーム。いままで行ったことのない部屋作り。計算と手入れの行きとどいた部屋。う~ん。感動。~っぽい宿、でないし、~風でもない。キラキラした安っぽさもない。女将さんらしき人もいない。派手な料理もない。でも建物にものすごい投資してるのが分かります。居心地いいわけだなあ~と置いてあるおみかん食べ食べ思いました。お風呂から帰って飲むはずが3人とも疲れてダウン。家にいるより早く寝ました。明日は晴れるかな・・。
e0085052_117099.jpg

朝、目が覚めて外の景色をみてみると裏は山、手前は以外にも住宅が数件。夜だったので分からなかったですが見えない工夫してある建物なんですね。部屋についてるデッキにでてみると猫が。クロというらしい、昨夜残したおつまみ、食べるかな?と投げるとだんだん近づいてきます。かなり大きい猫。典座のコロみたいなもんでお客様にかわいがってもらっているらしいです。
e0085052_11122953.jpg

でっかい!
e0085052_11124779.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-06 11:13 | 三水館編  

鹿教湯温泉 三水館到着

善光寺を出たのが夕方の5時半ごろ。三水館の夕飯が6時。う~ん、これは全く間に合わない!ということで宿に電話をして遅れることを伝えました、6時半ごろかな?とか言いながら上信越道松代からのり、東部湯の丸で降り、コンビニでビールを買い込み、夜は寝ないで飲もう!といいながら真っ暗な道を3人のおばちゃんは行きます。・・・行っても行ってもさっぱりわからない・・・なんというか目印とかが暗くて見えないし、信号も珠洲並みにない・・。宿に5回は電話を掛けまくり夕方7時前にようやく到着。はあ~~~~~やっと着いた。といって宿の外観をみても暗くて撮影は断念。明日にしよ!係のかたに連れられて予約してあった部屋へ・・と思ったらなんと!!!一番いい部屋 蔵 へ変えてくれてありました。今夜はあいてましたから。とのこと、嬉しい!!この蔵に実は泊まりたかったんですがお値段もよかったのであきらめてました。疲れてテンションが下がり気味のところにこの知らせ!またまた元気が出てきました。温泉前に夕飯をすませましょうということで部屋の探検はあとのお楽しみ。
e0085052_1046141.jpg
e0085052_10482221.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-06 10:48 | 三水館編  

やってきました善光寺!

珠洲を出て約6時間ほどで長野に到着!知ってる土地なので運転も疲れもせず、スイスイと市内を抜けて長野と言えば善光寺!にやってきました。寒い!長野の寒さは痛い!しかし何をみてもゲラゲラ笑う3人は元気に山門に向かいます。お土産物やをひやかし、ハトを見ても笑い、進んだ先は私の姉の友人の経営する蕎麦や 松信さん。久しぶりだね~とか話ながら大盛りの蕎麦を食べて満腹!山門前の坂道の両際にあるお土産屋さんをぐるりと周り、いざお戒壇めぐり!急いで後10分で閉まります!と言われて大急ぎで靴を脱いで、御本尊前にて手を合わせ、暗い暗~い地下へ入りました。真っ暗!お~い!・・・一番先頭の私は無意味にいろいろ話ながら後ろに続く2人を元気づけなければ!という心配もいらず暗闇でもうふふふ!とやっぱり笑ってる3人でした。さすがに小声ですが・・。本日最後のお戒壇めぐりの人でした。外に出て生まれ変わった気持ちですがすがしくなり、今度はおびんずる様をなでて体の調子の悪いところを身代わりに・・・気の毒ですねこの仏様。なでられすぎてツルツルの体でした。時間も5時をすぎ、もうお寺の周りのお店も終い、写真をいろいろ写しているとちょうどお坊さんが3人歩いています。あの~おぼうさん、おぼうさん。写真を一緒に写してください。とお願いしてみたら、快く受けてくれました。いいお坊さんだ!このころは雨もあがり明日も良くなるかな?といいながら今度こそ目的地 三水館へ!
e0085052_10333145.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2009-12-06 10:23 | 三水館編