<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

第96回 高校相撲金沢大会 優勝

この大会、私となんの関係が??と思われる方も多いと思います、
高校相撲?金沢大会?んー??
今回の優勝は新潟県の海洋高校。  新潟?といえば 私の出身地。

まあ、一言で言うと、私の実家近くにある高校の相撲部が全国大会で42年ぶりに優勝したのです。
相撲の団体戦は3人で戦います。先鋒、中堅、大将。先に2勝あげたら勝ち。
この高校は私が高校生のころ能生水産高校という名前で、かなりかな~り怖い顔つきのおに~さんたちが
通う学校でした。ボンタン、短ラン、横浜銀蠅、喧嘩上等、         でもなぜか相撲部は伝統的に強く、
大きな体の生徒が自転車に乗って土俵に向かっているのを見かけると不思議な感じがしたものです。  
いまでは普通に共学、かわいい制服で楽しそうですヨ

 それと応援する理由がもう一つ。
実家の旅館の一部に全国から相撲の指導を受けるために、越境入学してくる子供たちの
寮があります。中学生、高校生、合わせると25人ほど。でっかい体、心は子供な子供たちがワンサカ。
昨年帰った時に廊下をその子たちが走ってくるのを見て怖くなったもんです。
親元を離れて、相撲をしたくてあつまってきている子供たち。私の姉と母と従業員さんたちは旅館のお客さんのほかにこの子たちに毎日ご飯、お弁当
遠征となれば送迎。もう大変忙しいようです。でも楽しいようで、子供は毎年増えています。

もうひとつ応援する理由は義兄がここの相撲の指導者。大昔に日体大相撲部で高校教員だったので
その御縁もあったのでしょう。
応援の理由ラストは、穴水から来ていた子が大将で優勝を決めた、これが一番かな。

能登に嫁に来た時は考えもしないご縁でしたが不思議ですね・・。
他県優勝でうちでとってる中日新聞では小さい小さい記事でしたが、伝統ある大会でした。もっとでかいい記事にしてもいいのに・・・ブツブツ・・・。
[PR]

by suzutenzo | 2012-05-28 09:20 | さかもと嫁の独り言  

白蕗大会

 早朝から典座の座敷奥まで漂う薪を炊いたにおい。
いよいよ母が出動して蕗かりしてきたようです。
昔小学校で使っていた大きな汁窯を出して来て、煉瓦で簡易窯を作ってます。
パチパチっといい音、昔からやっている作業なので母の手際のいいこと。
大きさをそろえた蕗を縄で縛り、10束ずつ窯に入れていきます。
ほど良い堅さになりまで炊いて、水につけてから1本1本皮をむきます。
それを塩につけて9月まで我慢。

典座の料理、京都のお寺、お知り合いなどに分けているとあっという間になくなります・・
このあたりでは、お葬式などに各家で漬けた蕗、蕨などを持ち寄りお通夜の料理に使用したそうです。
・・・したそうですっていってもまだそのようにしている地区もあるかも知れませんが、
最近は能登でもセレモニーセンターが流行っていて、お葬式って自宅から出すところが少ないです。
遠くの病院に入院していて亡くなったりされると、うっかり近所の方でもあれ~?生きているのか??どうだっけか?と悩むことも・・・。
人の死が遠いような気がします。

なんてことを考えて写真を撮っていたので、写したのは蕗の後窯に炊いた筍・・。
蕗の写真は無かったわけで・・・。

この蕗はおからと塩で漬けこみします。これもプレゼントにすると時期外れには喜ばれます。
典座のプレゼントはみんなしょっぱいものばかり。
e0085052_13414558.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-05-23 13:41 | さかもと嫁の独り言  

減ったもの。

 そういえば・・・タバコ吸う人減りましたね。
典座のお客様でも、本当に減りました。開業当初、今から7年前は御部屋には必ず灰皿を置いておいたものですが、今ではセットしなくていいようです。
高いからか、健康志向か。典座の料理は体にやさしい料理なので、それを召し上がってタバコを吸うってのは
反するのかな。
 
 私なんてどうしてもやめられない嗜好品なんて・・・ありますね~
タバコは全く吸いませんが、がらくた集め。この嗜好はやめられません。
嗜好じゃないのかな(笑)

 食べ物に執着はないけど体重は減らないなー。
 
珠洲焼の作品でも灰皿って最近つくってないです。
イチロー氏が見事に禁煙成功したのもあるのかもしれないけど、
でも、でもでも、これからの時期に必要な家の周りの蛇除け水を創るのは不便です。
タバコの吸い殻を水につけておき、その水を蛇が居そうな所にまいておく、これが母のこの時期のしきたり。
全くタバコが足りない今年は一体何をまきましょうかねー。

あと減ったもの。ツバメ。典座では全く減る傾向がないのですが、新聞によると石川県全体で減っているそうで。
寒さのせいか今やっと雛のさえずりが巣から聞こえてきます。
落ちないで育ってくれたらいいな~

増えたものはどうかな・・探してきます
[PR]

by suzutenzo | 2012-05-19 13:00 | さかもと嫁の独り言  

白蕗かり

 始まりました 典座の恒例になっている白蕗大会。
琵琶の木の下にある白蕗畑・・・・・。
トトロの蕗みたいにデカイ! 茎は太く、香り豊か。
大がまでゆでて、皮剥き、水にさらしてから塩で漬けていくのです。
この塩漬けの蕗はお祭り、お客様用、などいたるところで活躍します。昔はこれを葬式の時に持ち寄り
葬儀の膳につけたのです。今でもその地区はありますが、セレモニーホールができてからは本当にこのような
習わしは減ってきています。
でもだからと言ってこの作業が無くなることはないと思いますが・・。
続けて行かないといけませんね。

筍ももう最盛期を過ぎたので残りはおからと塩で漬けます。おから漬は臭みや変色がないので、水で戻して炊くと本当に美味しいですよ。これも1年かかって使って行きます。
保存食文化、ドンドンお年寄りに聞き込みをしていこうと思います。

e0085052_19311356.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-05-18 19:31 | さかもと嫁の独り言  

体験・・・・

夫婦共通の友人。
典座のカメラマン。
同い年。同じ干支。同じ血液型。
デッカイ。やさしい。動物にたとえたら、草食のクマ。

のY写真家が、久しぶりに来ました。取材で能登方面に来ていたらしく帰りに足を延ばしてくれたようです。
長靴もってきた~とニコニコ。そう、彼は今日筍ほりに来たのです。
家の裏の竹藪にえっちらおっちら。
2人とも中年なのでハアハア息が上がり、交わす言葉もすくなく・・・山を上がりました。

 たくさん取れたのを袋につめて車に詰め込み一休み。
アーくたびれたねー。と話ながら取材内容を聞いてみると、テレビ東京の番組で廃線を歩く?
というような企画。お笑い芸人のU字工事さんと歩いて来たらしいです。

来月またくるわ~といって帰って行きました。典座の筍ほり体験もYさんでラストかな。また来年。
e0085052_9164298.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-05-12 09:17 | さかもと嫁の独り言  

気がついたら…

長い連休も終わりましたね。 皆様社会復帰できてますか?
私にしても14日間近くご予約が続くと 日にちや曜日感覚が全くなくなりまして…筍山にしばし籠るなんて事でもしないと、時間の感覚までなくなります。
忙しくさせてもらい、ありがたいです。
今日は典座はおやすみ~市内の幼稚園児が筍ほりにきます。
賑やかな声が竹林から聞こえます。
お昼は保護者さんも一緒に筍ご飯♪
沢山掘ります!!
e0085052_1331748.jpg

[PR]

by suzutenzo | 2012-05-09 08:41 | さかもと嫁の独り言  

5月4日 緑の日

連休半ばですね、能登半島珠洲市はアメです。ちょっと寒いですね~でも空気中の埃が雨でおとされて空気が綺麗な気がします。ス~ハ~と深呼吸するとイイ感じ。

さて、3日昨日から金沢片町 諸江屋さんで開かれている伏見窯展 お陰さまで順調な滑り出しのようです。
毎日イチロー氏か父が会場にいますので是非お出かけくださいね。通いなので到着がどうしても午後ですが。
作品展って作者が会場にいるのと、いないのでは全く気合の入りが違います。ただの展示ならすぐに設営もすみますが、会場が大変いいお店だし、連休だし、イチロー氏見間違えるように気合いだーと張り切ってます。売り上げももちろん・・ちがうし。
展示会終了後の燃え尽きが怖いです・・・(笑)

 そして、典座のほうもバタバタと恐ろしい数の予約を半分まで通過して来ました。ゴールは近いぞ!
ゴールはどこだ!?

さらに、3日の初販売、どんたくさんでの 典座塩麹食パン、絶好調で全店完売! 5日に追加販売決定しました。えへへ~嬉しいです。
皆様、本当にありがとうございます。

このままの勢いで連休後半頑張ります!
e0085052_861818.jpg


こちらはどんたくさんの売り場です。ちなみにどんたくという言葉はオランダ語では 日曜日という意味です。
e0085052_864266.jpg
 
[PR]

by suzutenzo | 2012-05-04 08:07 | さかもと嫁の独り言