神の国 島根 美保関 隕石!

e0085052_1020551.jpg

これがメテナホール

近くに隕石が落下した記念?に作られたホールです
。中には隕石の展示スペースが・・
見た目は普通の漬物石ですが、これ重いんです。
e0085052_1036283.jpg

e0085052_10375269.jpg


落下した松井さんの屋根の画像も。突然こんな石が空から落ちてきて、自分の家の屋根を貫通して
床下に隕石があったら・・と思うと面白いですが、怖いですね。
寝てる時だったらその後はもう安眠できなんじゃないかなー。でも家の修復も火災保険がきいたので綺麗に直せたそうです。
保健項目は隕石落下??

ともかく準備をして宿に帰りました。
なんともイイ感じの漁港のお宿。同じ日本海なのでご馳走食材もおなじみなもの、でもどこであろうと
作ってもらったものは何でも美味しい!!
明日がんばろうー!
e0085052_10564057.jpg

[PR]

# by suzutenzo | 2012-11-13 10:55 | さかもと嫁の独り言  

神の国 島根 美保関

行ってきました!!珠洲市の姉妹都市 島根県松江、美保関。
姉妹都市25周年記念と、美保関の民家に隕石が落下した記念20周年 を同時にお祝いしてのイベントに
ご招待をいただきました。
片道12時間。  もちろんバス移動です・・・。先月の愛媛県宇和島に続いてのバス移動なので
今回も毛布、枕などを持参して12時間移動耐久レースに臨みました。
 夜中の2時に出発、ということもあって乗った途端にグーグー。
途中何度か休憩しながら13時ごろに到着。運転手さんたちはぐったり。ご苦労様です。

そして、少し早い到着なので時間調整で美保関を回りました。

美穂の関灯台、珠洲市の禄剛崎にある灯台と同じ作りでなんだか親近感。
でも違うところは車で灯台の近くまで行けてレストランやトイレがある、ちゃんと観光客に優しいというところ。
珠洲の灯台も本当にいい景色で、本当の歴史があるのに 登らないといけない・・というところで
不便を感じてしまう。決してなんちゃってになって観光地になってほしくないけど、もう少し車で行き来しやすい観光客に優しくあってほしいなー、とか思ってしまう、珠洲市の観光創造委員でした。

所でこの美保関というところ、神話の国引きの話によりますと、大国主尊が能登半島と朝鮮半島から少しずつ土地を引っ張ってきて 美保関を作ったそうです。
なのでこの灯台の看板にも北陸地方からきた半島と書いてあるのです。
珠洲の地名にもある 雲津(地名ではもず、友人の名字でもありますが くもずと読みます)
という地名があったり、なんだかここでも親近感。

e0085052_9501570.jpg


遠くに隠岐の島が見えます、フェリーで3時間ほどだとか。乗ってみたいな~
e0085052_9504759.jpg


このフェリーです、ペットは900円で乗れますが人間は8000円ほどだったかな。片道。
e0085052_9521587.jpg


そして次は 全国のえびす総本社、美保神社。
総本社!!恵比寿!! なんだか商売繁盛の気配が漂うので参拝しました。
所で 恵比寿様は片足をサメに食べらたので無いってのをご存知ですか?
海を渡っていとしい人に会いに行ったのですが 鶏が間違えて早く時の声を上げ、慌てた恵比寿様は船をこいでいると足を食べられてしまったそうです。よっぽど慌ててたんですね。そういえばビールのラベルの恵比寿様も片足を隠している・・。なんだか人間チックな方らしいです。

しめ縄が美しい 美保神社。
e0085052_101231.jpg

この神社の氏子制度はしっかり確立されていて、毎年氏子総代になった方は、毎晩神社にお参りに行くそうです。その道中ほかの人にあったらいけないとされ、夜の参拝になり、下駄をはき こちらの存在をしらせながら歩いたとか。

合わずにすれ違いができるように建物の間に小さい通路を作ってあったりします。
e0085052_1073539.jpg


なんとも素敵な神社でうっとりしていると・・・
朝市シスターズ発見!!
e0085052_109525.jpg


3人娘さんが 名物のイカ焼きを焼いて売ってます。1枚500円。クローゼットの洋服のように
かけて干してあるイカを偶然にも珠洲の珪藻土こんろで焼いている!!
もちろん買いました!!美味しい~。
港町ならではの光景でした。
[PR]

# by suzutenzo | 2012-11-13 10:12 | さかもと嫁の独り言